企業で急増、ドローン空撮でPR映像を撮影する魅力

一昔前は無かったドローン空撮ですが、近年その需要が企業を中心に増している傾向があります。そんなドローン空撮でPR映像を撮影する魅力、メリットについてご紹介いたします。

コストも低く高クオリティの空撮ができるドローン

映像制作 埼玉

近年ドローンの利用価値は増しており、産業の現場でも個人の趣味でも人気となっています。
無人飛行のそれはカメラを搭載しており、人が入ることができない場所にも侵入して撮影が可能、そのため危険地帯の観測などのためにも幅広く利用されている、そんな機械となっています。
また近年プロペラが露出していない機体も開発されたりとドローンの進化はめまぐるしいものとなっているのです。
そんなドローン、いま企業のPR撮影のためにも利用されており、その需要は上昇傾向にあります。
ドローンを使っての撮影は自由度が高く、少し前までは空撮はヘリコプターをレンタルし、操縦士を雇いその上で行われるものでしたが、ドローンが使われ出したことによりドローンでの撮影が主流になりつつあります。
もともとヘリコプターでの撮影は大きなコストと許可の条件、制限がありましたがドローンを利用することによりこれらが大幅に削減されるのです。
法令などの制限はやはりありますが、それでもヘリコプターに比べて随分コストも手間も下がるため、中には一般人でもドローン空撮に励んでいる、そんな方もいます。

五年前から上昇し、今年度その需要は格段に上がっているドローン空撮、どういうメリットがあってドローン空撮が選ばれているかなどが気になるところです。
ドローン空撮は前述したとおりコストが格段に低いことに大きなメリットがありますが、勿論他にもメリットは多いです。
ドローンを用いることにより普段の人間の視点とは全く違う映像が楽しめるのもメリットで、操縦の腕によってはすれすれの低空飛行は勿論そのまま10メートル、100メートルも上空から撮影も可能となっています。
また位置関係をわかりやすく表現したい時にそれを可能とするのもPR映像にドローンが使われる理由となっており、たとえばテーマパークやゴルフ場のような広大な土地の場合上空から撮影しなければ全体を見渡すことはできないものです。
その上空からの撮影を低コストで可能にしたのがドローン空撮、また広大な土地を見渡す映像はインパクトも強いのでそのままWEBサイトにてプロモーション動画として公開している企業もあります。
視覚から得られる情報は非常に大きいものなのでその映像はより企業のPRとして役立つものとなります。
人の目に入りやすく、また伝えたい情報をしっかり伝えることができる、そんなメリットを持っているのがドローン空撮となっています。
そうした実用性よりも、何よりもドローンを介した景色は子どもも夢中になるそんな夢のつまった景色です。
通常地面から離れられない視線を持つ人間にとって、多くの方が鳥のように自由に飛べたら、という憧れを持ったことがあります。
そんな夢を実現させるのがドローンで、空撮から伝わる映像は企業のアピールポイントだけではなく、美しく解放的な、自由な光景も大きなメリットといえます。
また屋内でも屋外でも画期的な映像、そして感動を届けてくれるのがドローン空撮です。
人々を惹きつけるような映像、それが企業PR映像への利用にもつながっています。

ドローンで観光地のPRも盛んに行われています

映像制作 埼玉

ドローン空撮でのPR映像作りが有効とされているのは企業のPRだけではなく、観光地なども同様です。
むしろ観光地のような場所ではやはり目玉になるような景観、建物があり、それを上空から美しく撮影できるドローンは非常に相性がいいものとなっています。
人間の視点から撮影できる景色も勿論美しいものですが、上空から俯瞰で見る美しい光景はまた違う魅力があるものです。
空からみた美しい景色はPR映像として最適、この場所に行ってみたい!と思わせるような映像となります。
ドローンから撮影出来る風景は非日常なもので、通常みることができない視点からの撮影となります。
以前ならばそんな撮影はヘリコプターから大きなコストをかけて撮影が必要でしたが、いまはドローンを利用することにより低コストで撮影が可能、町興しをしたいと考えている小さな観光地にとってもアピールしやすい、日本全体が活気づくためのアイテムとしてドローンは活用されています。
実際ドローン空撮映像をきっかけに集客が上がる例も多く、雄大で美しい自然、歴史ある建物、シンボル的な建物、観光地の魅力を空からくまなく撮影できるドローンの映像は人の目を惹きつけるものがあります。
実際にその地に行ってみたらどんな風景が見られるのだろう?という好奇心もくすぐられる、そんな魅力的な映像を撮影出来ます。
世の中にはまだまだ知り得ない景色が沢山ありますが、ドローン空撮でのPR映像が増えることにより広まることも十分にあります。
しかしドローン空撮も魅せ方が必要、その地域の魅力を最大限に引き出すような撮影技術が必要です。
ドローン空撮の依頼を受け付けている撮影スタジオでは今までの撮影経験で培われた技術と、豊富なドローン操縦技術で観光地の魅力が最大限伝わるようなPR映像の撮影を可能としています。
そのままではあくまでドローンはツールのままですが、有効活用、そして撮影技術が合わさると観光地の集客に貢献できるような、そんな素晴らしい映像の撮影ができるものとなっています。
こうしたPR映像は動画投稿サイトが活用されている現代では非常に有効なアピール方法です。
特に今、家にいる期間も多い時期なため動画投稿サイトの利用も多いので、より人の目につきやすいチャンスともいえます。

動画マーケティングに欠かせない存在になるドローン

映像制作 埼玉

ドローンはもともと配送や農業など産業の分野で活躍していた機械ですが、いま動画マーケティングが注目されており、そのためにもドローンの需要が伸びています。
ドローンビジネス市場は近年急上昇しており、動画投稿サイトを介してのPRは非常に有効なものとなっています。
またドローンはヘリコプターと違い必要な許可も条件もゆるく、コストも大幅に安いです。ヘリコプターや小型飛行機の撮影に比べると半分以下のコストで空撮ができるのがドローンの魅力、そのため利用する目的もより自由度が上がり、誰しもが使える空撮としてドローンは使われています。
広告費を抑えたプロモーションでありながらインパクトは強く、伝わるスケール感も違うものです。
また映像機器も撮影機器も進化しているので、より臨場感のある高画質の映像をドローンで撮影可能となっています。
アイデア次第でさまざまな活用方法ができるドローン、これを元に作成された動画はCMや団体用プロモーションビデオ、求人案内など幅広いです。
静止画よりもこうした動画での案内が増えている今、ドローン空撮はもっと身近な存在になっていくものと考えられます。
住宅の点検などの裏方作業からPR画像などより多くの人の目に届けるために撮影された映像まで、企業におけるドローンの活用は多岐に渡ります。
ヘリコプターの空撮ではできないような撮影も可能なドローン、動画も静止画も勿論両方撮影が可能なので、パンフレット用の写真を撮影するもよし、PR動画として撮影するもよし、自由度の高い撮影ができるツールとして活用されています。