◆ハイブリッドカー

ハイブリットカーは、燃料と電気で走る車のことを言います。ハイブリッドというのは日本語に訳すと「混合、組み合わさった」という意味です。ガソリンで動く「エンジン」と電気で動く「モーター」の複数の動力機関が搭載されていることから「ハイブリットカー」という名前がついたと言われています。つまり、燃料と電気の両方がなければハイブリットカーは走らないということです。

エンジンはガソリンで動き、モーターは電気で動きます。そのため、ハイブリッドカーには、エンジンの他にモーターを動かすための電力を作る発電機、作られた電気を蓄えておくバッテリー、作られた電気を上手に使うように調整するパワーコントロールユニットなど、通常の車にはついていない機械がたくさん搭載されています。

ハイブリットカーの1番の特徴は燃費が良いことです。一般のガソリン車では実現できない高燃費を可能にしています。少し前まではごく一部の車種にしか使用されていませんでしたが、最近ではミニバンなど様々なジャンルで使用されどんどん広がっています。

燃費の良さや走りの良さ、さらには環境性能の良さなどバランスの良い車であると言えます。少し前までは電気を発生するバッテリーが大型だったため居住空間が犠牲になってしまっていましたが、近年は技術の進歩でバッテリーも小型になって欠点はとくにないと言えます。そのため、これからさらに人気が高まるジャンルと言えるでしょう。

しかし、ハイブリットカーでも思っているほど燃費の良くない車種もあります。購入を検討されているのであれば、じっくりと比較してみることが大切です。燃費が良くても走行距離が少ないのであればトータルコストも安くなりませんので注意するようにしましょう。

◆自動車の種類