◆ステーションワゴン

ステーションワゴンとは、2ボックスの形状の車で前部にはエンジンフード、後部には乗員の座席と一つづきの荷室を備えている車のことを言います。セダンの後部座席とトランクルームを仕切らずに居住空間と一体化させて、トランクルームを屋根まで大きく拡大した車です。簡単に言えばセダンのフロント部分とハッチバックのリア部分を組み合わせたような形状となります。

少し前までは、定義通りにセダンタイプのバリエーションとして製造されるものが一般的でしたが、現在ではスバル・レガシィのように、ワゴンを一つの独立したカテゴリーととらえて、優れた走行性能や快適性を両立した車がたくさんあります。一時期はステーションワゴンブームとなりましたが、最近ではクロスオーバーSUVやミニバンの人気に押され気味です。

トランク部分は大きな荷室となっているので、大きな荷物でも載せることが出来ます。荷室空間は、商用車などを除いてはトップクラスの広さになります。走行性能も安定していますし、居住性も高くバランスがいい車と言えるでしょう。

同クラスのセダンを比べると車両価格が高く、車種によりますがリアタイヤから発生する走行音がうるさいという欠点もあるのですが、比較的乗りやすい車のジャンルだと思います。自動車購入の検討の際に、乗用車感覚の車が良いけれど荷物をたくさん積む機会が多いという場合はステーションワゴンがおすすめです。

また、一口にステーションワゴンといってもS・M・Lと、そのサイズによって様々な性格を持っています。サイズごとにそれぞれ特徴がありますので、あなたに合うサイズのステーションワゴンを考えると良いでしょう。

◆自動車の種類

ポラキス
ポラキスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!