◆クーペ

クーペというのは、基本的に2ドア・2座席の車ですが、4ドア・4座席でもボディデザインが流麗でスポーティなものであればクーペと呼ばれることが多いです。もともとは、「2人乗りの箱形馬車」という意味があり、固定された屋根を持ち、後部座席のドアがない車を指しました。

最近では、マツダ・RX-8など、後部座席の乗降性を高めるために、小さな後部ドアを装備するタイプのクーペも登場しています。また、はね上げ式のバックドアを装備するハッチバックスタイルのクーペもあります。

純粋なスポーツカーのほとんどにはクーペが採用されています。クーペは、最低限の乗員人数を想定して作られているため、その分を走りのために大きく譲ることが出来るのが1番の特徴です。シンプルな形状になっていますので、他の車のジャンルでは作ることの出来ない優雅なスタイルで走行性能の良い車を作ることが可能です。同じ排気量であれば、車体が軽い分燃費も良く、長時間の運転も比較的楽だと言われています。

ただし、2枚ドアなどで2人しか乗車できないことが多く、車内スペースは狭くて快適性があまり良くないのことが欠点となります。4人乗りの場合でも、乗り降りが窮屈という短所があります。荷室に関しては、車種によりますが、一般のクーペであればセダンとステーションワゴンの中間くらいの広さが確保されています。

代表的な車種には、前出の他に、「フェアレディZ」や「CR〇」「スカイラインクーペ」などがあります。・

◆自動車の種類