◆自動車の歴史

現代社会では自動車はあって当たり前ですが、その自動車も数百年前までは存在しませんでした。ここでは、そんな自動車の歴史について紹介したいと思います。

自動車のアイデアだけであれば、13世紀頃からあったと言われていますが、明確なものは存在しません。1700年代には、ぜんまい仕掛けの車が組み立てられていました。実際にぜんまいの動力を使用して自力で働いているものでしたが、数分毎にぜんまいを巻く必要があり、自動車の原型とまでは言えないかもしれません。

完全に自力で動く自動車が登場したのは18世紀のイギリスです。馬という原動力を使わずに動く新しい輸送機関のアイデアが必要になり、蒸気機関が登場しました。この蒸気機関で動く蒸気自動車が登場して約1世紀経った1886年、路上を走るガソリン自動車の原点である「ベンツ パテント・モトールバーゲン」が登場しました。

「ベンツ パテント・モトールバーゲン」は、それまであった車の技術を集結させて完成したものでした。しかし19世紀の後半になると、蒸気自動車、ガソリン車、電気自動車という3つの選択が出てきました。今では考えられませんが、当時はガソリンよりも蒸気のほうが長く研究がされていたので、技術的に見ると蒸気自動車の方が上でした。この時代から、自動車という移動手段が注目されるようになり、新しい技術がどんどん登場するようになりました。

その後、ビジネスとして自動車を世に出したのが、フランスのプジョーです。その他にもフォードなど、現在でも有名な自動車会社が名を連ねます。そして、そのフォードの創始者ヘンリー・フォードが量産自動車の原型を作ったのです。フォードの研究があってこその自動車社会と言っても過言ではないでしょう。

◆車販売の基礎知識

サイモグロブリン
サイモグロブリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!