◆プジョー

プジョーはフランスの自動車メーカーです。また、1980年代までは自転車を製造しており、ツール・ド・フランスでもその活躍を見せていました。

自動車の生産を商売として成立させた最初の自動車メーカーといわれるプジョーは、1890年には生産車を完成させ、1891年からは本格的な販売を開始しました。戦後は1947年に「203」をリリースし、単一モデル政策を実施して、当時としては珍しい黒字経営を成し遂げました。

自動車メーカーとしての規模も徐々に大きくなり、1974年にはシトロエン、1978年にはクライスラー・フランス(シムカ)を傘下に収め、PSAグループを結成します。1980年代の半ばからはオースチン・ローバー・ジャパンとスズキが輸入元となって発売した「205GTI」がキュートなスタイルで人気を集めます。

2000年には、メーカーの日本法人プジョー・ジャポンが自ら輸入販売するようになり、「205」の後継車である「206」が大ヒットして、2003年には過去最高である1万台以上の登録台数を記録することになりました。

ブジョー車は、きりっとしたつり目が特徴的で、その他にも独特の設定がされた猫足と呼ばれるしなやかで接地感のある足周りが特徴として挙げられることが多いです。走行安定性を得るためのサスペンションは、硬くなるのが一般的ですが、プジョー車は柔らかい乗り心地と安定性をバランスよく保っています。その乗り心地の良さには、フランス車に共通しているソフトで腰のあるシートも貢献していました。

ですが、最近のブジョー車は、柔軟性ではなく操縦性を重視した硬めの足周りを持つものが増えてきています。どちらかというとドイツ車に似たような傾向が強くなってきています。ブジョー車の変化に納得いかないという声もありますが、成功には不可欠な要素だったと認める声もあるようです。そんなブジョーは近年での活躍も目覚ましく、トヨタとの共同出資工場の開設や積極的なニューモデル戦略を展開しています。

◆海外の車メーカー

http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!